発達障害を持つ子どもたちは、子どもたち自身が生きづらさを感じながら悩みながら生活をしている場合が多いです。

その場合に助けになるのは、やはり何といっても親の力ですね。

しかし、発達障害の子どもたちは特性が千差万別であり、どのような対応が一番正しいかということは親でも悩むところだと思います。

親としても子育てのアドバイスは聞きたいものですね。

本日のタイトルにある「ペアレントメンター」というのは、発達障害の子育てに困り感のある親向けのボランティア支援者のことです。

経験を伴ったアドバイスや支援ができる、そして同じ親として味方になってくれるというのは大変心強いですね。

ペアレントメンターの方々は、発達障害の子どもたちの子育て経験があり、また一定の相談支援に関するトレーニングを受けた親のことを言います。

療育機関、病院などの専門機関と違い、あくまで同じ親としての支援、相談ができます。
地域連携などの関係性が広がるというメリットもあります。

発達障害の子どもの子育ては、養育ストレス、不安、孤立感などに苛まれることがあります。

そんなとき、同じ境遇で子育てをされてきた方々からのアドバイスや支援が受けられることは、精神的にも落ち着くことができると思います。

決して一人で背負い込まず、色々なつながりを活用することが、子どものため、そして親のためにもなるのです。

🌟ラルゴKIDSは、1~3歳向け親子運動教室のイオンカルチャー北浦和校イオン放課後教室成増、計2校展開しており、荒川区に運動療育を行う放課後等デイサービスを1月開所の子どものための運動療育教室です🌟

メニュー