新年度になりました!

少し遅い投稿になりましたが、本年度も宜しくお願い致します。

さて、新年度が始まる4月は、実は発達障害や自閉症などの啓発が盛んに行われています。
ちょうど一年前のブログでも紹介しましたが、4月の第1週目は、世界自閉症啓発デー(毎年4月2日)であり、2日~8日は、発達障害啓発週間にもなっています。

新年度になり、たくさんの変化を伴うからこそ、たくさんの人たちに正しく知ってもらうことで、支援の輪は広がっていきます。

さて、タイトルにもありますように、今回のブログでは、「道草」という映画をご紹介したいと思います。

映画「道草」は、重度の知的障害や自閉症がある人達に密着したドキュメンタリー映画です。

重度の知的障害や自閉症がある人たちは、施設や自宅の支援がある場所など、限られた環境の中で生活をしているのが実情です。
ですが、2014年に重度訪問介護制度対象が拡大され、支援の形が広がったことから、重度とされている人たちでも支援を受けながら「ひとり暮らし」ができる可能性も大きく広がっています。

この映画では、それぞれ重度の知的障害と自閉症がある当事者とその家族、支援者との関わり、その日常を映した作品です。

発達障害や知的障害などがある子どもたちにとって、小さいころから療育を受けることはとても大切なことです。
それは、将来の可能性が広がるからです。

障害を持つ「今」を見つめること、そして、「未来」を見つめること。
「道草」は、その二つを同時に見つめることができる映画かもしれません。

🌟ラルゴKIDSは、1~3歳向け親子運動教室のイオンカルチャー北浦和校イオン放課後教室成増、計2校展開しており、荒川区に運動療育を行う放課後等デイサービスを1月開所の子どものための運動療育教室です🌟

メニュー