皆さんは「普通」という言葉について、どのように感じ、使っているでしょうか?

発達障害を持つ子どもたち、人たちからすると、「普通」ということは何をもって「普通」なのか?ととらえています。

例えば、学校や職場などで言わなくても人たちに伝わる「空気感」ってありますよね。

この空気感は「普通」何も言わなくても伝わります。

しかし、発達障害を持つ人たちにとっては違います。

「普通」言わなくてもわかることがわからないから、場の空気を読まない発言をしてしまうことがあるのです。

健常者のつくる「普通」という概念が、発達障害の人たちを苦しめている現状があります。

「普通」という概念を少し柔軟に捉え、それぞれの個性として見つめる見方をしてみるのはどうでしょうか?

 

🌟ラルゴKIDSは、現在、成増校1校と、1~3歳向け親子運動教室のイオンカルチャー北浦和校イオン放課後教室成増の2校、計3校展開している子どものための運動療育教室です🌟

メニュー