「ものまね細胞」という言葉を聞いたことはありますか?
またの名を「ミラーニューロン」「共感細胞」とも言われています。

このものまね細胞は
目で見た事を、実際に自分が行った動きのように、脳内で変換する働きをします。

例えば
・ドラマや映画の登場人物に感情移入する
・上手い選手のフォームを見てからプレーすると調子がいい
・もらい泣き

これらも、ものまね細胞の働きと言われています。

見る事で
共感したり
動作の獲得に繋がったり
たくさんのプラスな効果が期待できるんですね♫

特に発達障害を持つ子供達は
人の心を感じること
思った通りに身体を動かすこと
は、苦手とすることかもしれません。

そんな時こそ、ものまね細胞を活用しましょう!!

出来る・出来ないではなく
楽しい!!!という気持ちを前面に出して
子供達と接してみてください。

楽しんでいる様子を見て
運動の楽しさを脳内で感じ取ってくれるかもしれません!

運動だけに限らず
日常生活でも、ぜひぜひ活かしてみてください!
🌟ラルゴKIDSは、現在、練馬校成増校、2校と、1~3歳向け親子運動教室のイオンカルチャー北浦和校イオン放課後教室成増の2校、計4校展開している子どものための運動療育教室です🌟

メニュー