発達障害を持つ子どもたちは
体幹がぐにゃっとしていたり
ピッと静止することが難しく感じることがあります。

もしかすると、自分の体の部位が
どこにあるのかをまだわかっていないという事が
原因のひとつかもしれません。

そんな時は、親子でタッチ遊びをおすすめします!!

 

足、頭、おなか、おしり
といった体の大きな部分から
目、耳、顎、鼻
といった小さな部分をタッチしてみましょう。

自分自身の体をタッチするのもいいですし
お互いをタッチして遊んでも楽しいです♪

自分の体のことがわかれば
自分の体のまっすぐがどこなのかも次第にわかるようになり
姿勢を保てる身体作りに、役立つかもしれません!

🌟ラルゴKIDSは、現在、日暮里校練馬校成増校、3校展開している子どものための運動療育教室です🌟

メニュー