発達障害を持つ子どもたちは、

・人との距離感をうまくはかれない
・こだわりが強く、周囲に合わせられない
・言語機能を身に着けるのが遅い

といった困りごとを感じていることが多いです。

こういった特性が幼稚園や学校、公共の場で出ると
〇〇しちゃダメ!
と、大人に注意を受けることが多くなります。

でも、子どもたちは
悪いことをしようと思って、その行動をしているとは限りません。
そして、なぜ怒られているのか、なかなか理解できず自己肯定感が低くなりがちです。

 

大人の目線で発達障害の子どもたちの行動を見ると
褒めるポイントが見つけにくくなってしまいます。

 

この積み木のイラストを見てください。

 

 

もし、発達障害の子供たちが
このような積み木の遊び方をしていたらどう声をかけますか?

 

不安定な積み方かもしれませんが、いい所もたくさんあります!
「すごいバランス感覚だね!」
「きれいな色合いだね!」
「3つも重ねられたんだね!」

 

褒められたり、自分を認められるとやる気も自信も生まれます。
日常生活のなかでも、ダメなことだけではなく、いいこともたくさん伝えてあげてみてくださいね!

🌟ラルゴKIDSは、現在、高田馬場校日暮里校中目黒校練馬校成増校、5校展開している子どものための運動療育教室です🌟

メニュー