こんにちは!

 

まだ6月なのに本格的に夏がやってきていますね~!
今年の夏はかなり暑そうですね・・・熱中症にならないように気を付けていきましょう!

 

さてさてみなさん、子どもたちに伝えたいことがあっても、どうすればわかりやく伝えられるだろう?と思ったことありませんか?

 

今日は「伝え方」に関して、お話します。

 

子どもたちの障害特性によって違ってきますが、ラルゴキッズでは、特に3つの「伝え方」を意識しています!

 

1つ目は、イラストや写真・ジェスチャーなど「目で見える」もので説明することです。
言葉だけでの説明では大人でもなかなかわからない時ってありますよね。目で見て、よりイメージしやすいよう心掛けています。実際の動きをみせたり、イラストや写真・実物をみせるなど少しの工夫で理解度が格段に変わります!実際にプログラム中の子どもたちのルール理解がとってもはやいです(^-^)

 

2つ目は、話しかけるときは、お互いの目があっている状態で話すことです!後ろや横から話しかけても、相手の表情が見えないと子どもたちは感情を読み取りづらいです。目線が合うことで、細かい表情から状況を読み取りやすくなります。

 

最後の3つ目は、わかりやすく、短い言葉で明確に伝えることです!
「このまえ」「あれ」「それ」など、私たちが何気なく使っている言葉ですが、子どもたちには「右手で持つ!」など、具体的な表現で短い言葉で伝えることでとても伝わりやすいです。

 

ぜひ、普段の中でも活用してみてはいかがでしょうか?

 

 

🌟ラルゴKIDSは、現在、高田馬場校日暮里校中目黒校練馬校成増校、5校展開している子どものための運動療育教室です🌟

メニュー