こんにちは✨ラルゴKIDS指導員のハシグチです(*^-^*)

 

本日は、子どもと大人の「約束」について書かせていただきます!

 

今子育て真っ盛りなお母さんお父さんは、お子様と『約束』をよくされていると思います。

ハシグチも、小学校教諭をしていたときは、毎日のように子どもと遊ぶ約束だったり、お勉強を教える約束だったり、学校の決まりを守る約束をしたりしていました。

 

『約束』というものは、基本的に子どもがルールを守るためや、頑張るための動機づけのためにしていることがほとんどだと思います。

 

発達に課題の抱える子どもたちにとっても有効です。

 

しかし、注意しなければならないのは、大人の都合で約束を変えてはいけないことです。

振り返ってみたときにそういったことはありませんか?

 

何時から遊ぶと『約束』していたのに、家事が忙しくて遊べない。仕事が忙しくて相手ができない。
どうしてもそういう場面はあると思います。でも、極力なくしてあげてください。

子どもたち、特に自閉症スペクトラム傾向にある子は『約束』を守ってもらえないことでパニックになってしまうことがあります。

 

そうなってしまうと、子どもの中で『約束』は守らなくていいものだと強化されてしまうこともあります。

どうしても『約束』が守れそうにない状況になるのであれば、事前に子ども自身に相談しましょう。
そうするだけで、子どもはパニックになることはなくなるはずです。

 

 

子どものためにも、お母さんお父さんがする『約束』は絶対に守ってあげてくださいね!

 

 

ラルゴKIDS指導員ハシグチでした(^_-)-☆

メニュー